専門のオペレーターが電話代行をしてくれる!

メンズ

クライアントの目的

潜在的なクライアントが向こうから足を運んでくれる展示会施工は、多くのチャンスがあります。ただし、準備をしっかり行わないと、来場者が素通りすることもあります。そのためクライアントの目的を掴んで、戦略を立てることが重要です。

電話応対の外注

電話

外注するさいのポイント

電話応対は企業にとっては重要です。企業への問い合わせの多くは電話によって行われ電話応対の良し悪しが企業イメージや成約といったものに繋げることができるためです。しかし、自前でオペレーターを用意するというのはコストが掛かり現実的ではありません。このため電話代行に外注するのが一般的です。一方で電話代行は、比較的容易に参入することができるので多くの業者が存在しており、それぞれに特色があります。このため企業にとって求めるニーズにマッチした業者を選ぶことが重要です。電話代行を選ぶさいのポイントとしては、料金とスキル、そしてサービスです。料金が高くては負担が大きくなり外注してコスト削減をするといった目的が削がれてしまいますし、またオペレーターのスキルが良くなければ応対が上手く行かなくなります。特に専門性のある職種においての電話代行であれば、その職種の知識を有するオペーレーターである必要があります。電話代行では、単に電話の応対をするだけでなくさまざまなサービスを行っており、例えば不在中に応対した内容を文章にしてメールで送信するといったものもあります。この場合にはあとでまとめて閲覧することができますし、電話の応対が記録として残るといったメリットがあります。いずれにしても外注をするさいにはネットで簡単に外注できるものもありますが、実際に電話をして確かめることがポイントです。代行業者自身の電話応対が出来ていないような業者は避ける方が無難です。

社内

業務の外部委託

企業の業務を一部外部業者に委託する、アウトソーシングが進められていますが、総務業務についてもその傾向が広まっています。幅広い総務業務ですので、アウトソーシングする際には、担当している業務の見える化と、外部委託する業務を、はっきりさえるところから始めます。

展示会場

展示ブースを作る業者選び

展示会を行なう際に大事なのは施工業者の選び方です。企画やプランができている時は工事専門の業者がコストが安くなります。プランが決まっていない時は、デザイン系に強い業者を選びます。初めての展示会なら、広告代理店系の業者を選べば丸投げできます。